フランチャイズとはどんな仕組み?未経験でもできるビジネスの仕組みを解説

「いつか独立してお店を始めたい」と思っても、全く未経験の仕事だとノウハウがないので不安ですよね。

独立の不安を埋めてくれるノウハウを提供してくれるのが、今回紹介するフランチャイズビジネスです。

フランチャイズビジネスは契約期間を更新しなければ解除可能なので、ノウハウを蓄積して自信ができたら改めてオリジナルで勝負するという方法もあります。

皆さんご存じの大手居酒屋チェーンも元々はフランチャイズからスタートしています。数年間で店舗を増やした後、独立しています。

また、あなたの近くで全国チェーンのお店を調べてください。多くの店舗が直営店ではなく、フランチャイズ契約を結んだ会社や個人事業主の経営です。

1店舗が成功すれば他店舗展開。または独立してワタミのように大きくなる可能性もあるのが、フランチャイズです。

目次

1.フランチャイズビジネスとはどんな仕組み?

フランチャイズビジネスとは、一般的にフランチャイズ本部(フランチャイザー)と契約し、商品・サービス・ノウハウ・商標・ロゴや経営指導を受ける代価として、加盟金やロイヤリティーを払うものです。

全国的なチェーン店で誰もが知っているお店には直営店だけでなくフランチャイズも多くあります。また、地方の中小企業にはフランチャイズビジネスばかりを地域に展開して業績が安定している会社も多くあります。

直営店との違い

直営店はフランチャイズ元(フランチャイザー)が直接経営しているお店です。

フランチャイズ元は、成功する見込みのないビジネスを加盟店に押し付けているわけではありません。成功の元になったモデルの店があります。直営で成功したビジネスモデルを広げるために、フランチャイズ化して加盟店を募集しています。

当然ながら、業績はトップクラスで、立地条件も恵まれているケースも多いです。成功事例の見本で、加盟店は直営店の運営や売り上げを目標に努力します。

2.フランチャイズのメリット

フランチャイズのメリットは既に成功しているビジネスの看板・商品・サビースなどを得られることです。

自力でお店を始めた場合は、全てゼロからのスタート。商品、集客、運営、全て手探りで試行錯誤しながら進んでいくしかありません。中には想定外の事態も起こっても、全ては自己責任となります。

フランチャイズは、既に成功した事例に、マニュアル通りに行えば一定の成果が約束されています。

自力で経営するのが真っ白なノートに1文字ずつ書いていくイメージなのに、対しフランチャイズは既に問題やヒントが書かれたワークブックに記入していくイメージです。既に描かれている成功へのガイド線をなぞっていくので、間違った努力をしないで、最短に成功に近づけます。

自分では判断できないことも、本部の指導を受けられ、創業時に不安なときに事業主の伴走者になってくれます。

フランチャイズに向いているのは以下のような人です。

・個人店より誰もが知っている店や会社を利用する人。
・基本的に真面目で、言われたことをコツコツやるのが好きな人
・自分で考えて行動するより、ルールに従う方が好きで、楽だと考える人。

3.フランチャイズのデメリット

フランチャイズビジネスにのデメリットはメリットの裏返しです。

加盟金・ロイヤリティーが負担になる

お店をはじめる場合、店舗の改装費、テナント賃貸料、設備や備品への費用がかかりますが、その上に別に加盟金が必要です。さらに月々の売上に対して契約した割合のロイヤリティーも義務づけられます。

売上が少ない、利益率が低いなどで利益が少ない場合に、ロイヤリティーが経営の負担になります。フランチャイズの場合は、自力で創業する時以上に売上、利益が出る経営計画を立てないといけません。

競合が多くなると飽和状態になる

「儲かる」の言葉にのせられて、同じ地域にライバルが集中すると市場が飽和状態になって、お客をライバルにとられて、稼げなくなります。

また、名の知られた店だと、同じ地域で同じチェーン店が並びます。いわゆる「自社競合」になり、同じ看板の店で顧客・売上の喰い合いになります。地域に同じコンビニが何店もできて、やがて消えていく姿を目にした人も多いでしょう。

フランチャイズ元のルールは絶対である

基本的に契約時に約束したフランチャイズ元のルールは絶対に守らなければいけません。

たとえば、コンビニ・ファミレスは24時間営業が原則です。人手が足りなくても、絶対に店は完璧な状態で営業しなければ、ペナルティーが科せられます。フランチャイズ本部によって、契約内容は違うので念入りに調べてください。

4.フランチャイズの探し方・種類

フランチャイズを探すのは比較的簡単です。検索エンジンで「フランチャイズ」を紹介するサイトが非常に多いことがわかると思います。

膨大な数の情報が出てくるので、「フランチャイズ、ジャンルの名前(たとえば、キッチンカー)」と検索すれば、より的を絞った情報が得られます。

また、主要都市に出かけたときに、目立つのに見かけないロゴのお店や車両を見かけたら、名前を検索してみてください。フランチャイズ加盟店を募集している可能性があります。

フランチャイズの業種

フランチャイズの中でも特に数が多く人気の業種は下記のようなビジネスとなります。

・コンビニ
・買取・リサイクル
・介護
・学習塾
・ハウスクリーニング
・飲食店

ほとんどの業種が生活に便利なものです。特に飲食店は約3年で70%が閉店すると言われていますので、既に成功しているビジネスを踏襲できるフランチャイズには、大きな需要があります。

フランチャイズの業態

フランチャイズの主な業態としては下記のような例が挙げられます。

・24時間年中無休
・店舗型

24時間年中無休の店舗は顧客にとっては便利で需要がありますが、契約する側にとっては人員的にも、コスト的にも大いに負担のかかるものでした。

また、店舗型は店舗の建設費や改装費・家賃が必要です。

業態によって、営業日数や時間の縛りに違いがあり、より縛りのない契約のフランチャイズが好まれている傾向があります。

5.飲食業界のフランチャイズならキッチンカーでの開業がおすすめ

飲食業界でフランチャイズ経営を始めたい人にはキッチンカーがおすすめです。

キッチンカーでの出店は地域ごとに、商品需要が違うのでまさに「やってみなければわからない」ものがあります。ある意味、実店舗の経営よりも難しいとも言えます。

しかし、キッチンカーのフランチャイズならフランチャイズのメリットを活用でき、その上、フランチャイズのデメリットは控えめです。つまり、直営店とフランチャイズの良い所取りができるのです。

コロナの影響でキッチンカーはますます注目が集まっている

コロナ禍で外食需要は縮小傾向にありますが、持ち帰りやデリバリーの需要は急速に上がりました。コロナ禍で身についた食習慣は、コロナが収束した後も続くと言われています。

利用する側も、ビジネスする側も外食から移動販売の方に興味・関心が移っているようです。

https://www.stand-3.com/column/630/

理由その1・小資本でスタートできる

前述した通り、実店舗のフランチャイズでは開業資金の上に、加盟金とロイヤリティーが必要です。

ですが、キッチンカーのフランチャイズはフランチャイズビジネスの中でも、最小の資本でスタートすることができます。買取や改装すると費用がかかるキッチンカーも、リースを利用すれば安くすみます。

理由その2・副業・週末起業としてスタートできる

たとえば契約の縛りの大きいコンビニ、ファミレスのFC契約をすれば、人生の全ての時間をかけて取り組まなければいけません。

しかし、キッチンカーのフランチャイズなら、小資本なので副業からスタートすることができます。本業を行いながら無理なくスタートが可能となりますので、軌道に乗り次第、徐々にシフトチェンジするのも良いのではないでしょうか。

理由その3・違うと思ったらリスクを少なめに撤退できる

どんなビジネスでもうまくいくかどうかは実際のところやってみなければ分かりません。また、面白そうだと思ってはじめても、いざやってみたら、全く自分の章分に合わないビジネスもあります。

大きな資本・リスクを投じて行うビジネスは、その分やめるのも大変です。その点、キッチンカーのフランチャイズはマイナスを最小限にして撤退できます。

理由その4・他のフランチャイズと比べてロイヤリティーが少ない

移動販売のフランチャイズの場合、初期費用や内訳が研修費やキッチンカーがメインになり、ロイヤリティーは格安か無料になるケースが多いです。

移動販売の売上にロイヤリティーがかかるとかなりの負担になるので、ありがたいシステムです。

6.実際にキッチンカーでフランチャイズ経営を行うには

キッチンカーのフランチャイズの加盟店を募集している業種にはどのようなものがあるでしょうか?

加盟金、ロイヤリティー、キッチンカーの費用など、システムはフランチャイズ元によって全く違うので、納得いくまで比較、吟味してください。

また、自社競合を避けるために加盟店を限定している地域もあるので、地元で加盟店の枠があるか確認も必要です。売れ筋メニューは全て、売れる、リピートできる、儲かるの原則を踏まえてます。

フランチャイズのおすすめ業種

「いつかはカフェを開きたい」という夢を叶えてくれるキッチンカーカフェのフランチャイズなども存在するようです。

キッチンカーのデザインを自分のコンセプトに合わせる事で、イメージ通りの雰囲気を作り出し、コーヒーや紅茶だけでなくクレープやワッフルなどが簡単なものであれば店舗型に負けないしっかりとしたカフェを開業できるでしょう。

また、もし美味しい焼き鳥やからあげを作れるノウハウがあったとしても、実店舗とキッチンカーでは設備やメニューなどが微妙に変わってきます。そういう点ではキッチンカーに合ったノウハウを持つフランチャイズは心強いです。

地域によって味付けの好みが変わるので、必ず実際の店舗を利用して味をチェックしてください。たこ焼きも地方によって、好みの味付けがあるので味を必ず、味をたしかめましょう。

stand3.0は屋台を1日からレンタルできる

移動販売を始める最初のハードルはキッチンカーや屋台などの初期費用です。まずはお試しでチャレンジしたいのに、初期費用が高ければ、二の足を踏んでしまいますよね。

stand3.0なら、屋台が1日5,390円(税込)から、キッチンカーなら月額70,800円(税込)でリースすることができます。

開業のハードルをグッと下げてくれるので、チャレンジしやすい環境をご用意しております。

まずはstand3.0からチャレンジのはじめの1歩を踏んでみるのはいかがでしょうか。

まとめ

●フランチャイズビジネスとは、フランチャイザーと契約し、ノウハウなどを受ける代価としてロイヤリティーを払うもの
●既に成功しているビジネスの看板・商品・サビースなどを得られるメリットがある
●ロイヤリティーの支払いやルールの厳守などデメリットも考えられる
●キッチンカーのフランチャイズなら直営店とフランチャイズの良い所取りができる
●コロナ禍で持ち帰りやデリバリーの需要が高まり、キッチンカーに注目が集まっている

目次
閉じる